Top >  2 外資系企業への転職活動:面接 >  外資系に向いている人

スポンサードリンク

外資系に向いている人

外資系企業の企業で働きたいと考えたことのある
転職就職活動者のうち、実際にはどの程度の人が
外資系企業企業の求人に応募したことがあるでしょうか。

実際応募する人と、応募したいけれどしたことがない人は、
どこが違うのでしょうか。

外資系企業は、国内の企業とは異なる部分がいろいろあると考えられます。

実際、外資系企業企業に向いている人とは、どんな人なのでしょうか。

どんな人が外資系企業企業への転職活動に向いているのでしょう。

一般的に、外資系企業で働く人は積極性があり、
独立心が旺盛だと言われています。

独立心とは、自分の人生を自分で切り開こうという意志のあらわれです。

外資系企業は、国内企業よりもリストラ率が高いといわれています。

そのため、外資系企業企業で働く人には、リストラにあっても、
自分の人生を自分で切り開こうという意志が必要だといえるでしょう。

また、一つの会社に頼ることなく、転職を重ねながら
キャリアアップを図っていく自立心のある人が、
外資系企業に向いているのではないでしょうか。

そのため、ただ憧れだけで外資系企業への転職活動をすることは、
なかなか難しいと考えられます。

2 外資系企業への転職活動:面接

関連エントリー

英文履歴書を作成する 面接前の下調べ 面接時の企業サイドへの質問 好印象を与える面接ポイント 面接時の振る舞い 面接時に誤解されないように 好印象を与える面接時の質問 マイナスの印象を与える面接時の質問 面接の服装 電話インタビューのスケジュール調整 電話インタビューでの資料活用 外資系に向いている人 外資系企業に向かない人