Top >  2 外資系企業への転職活動:面接 >  電話インタビューでの資料活用

スポンサードリンク

電話インタビューでの資料活用

日本に支店がない外資系企業企業への転職活動を行なう場合、
直接面接の変わりに行なわれるのが本社からの電話インタビューです。

電話インタビューによる面接のための資料活用方法のコツを紹介します。

電話インタビューは、一般の就職活動では経験することが
ほとんどない形式のため、緊張してしまうかもしれません。

しかし、電話インタビューの利点は、
相手にこちらの様子が見えないということです。

その利点を最大限に活かしましょう。

インタビューの電話がかかる前に、
企業の資料を自分で見やすいように並べておきます。

コツとしては、まとめて積まずに、広げておくことです。

なぜなら、資料を重ねたままだと、質問を受けて答えを探す時、
紙をめくる音が電話から相手に聞こえるからです。

資料は広げて床に並べて、敷き詰めるように置きましょう。

そして、資料だけではなく、履歴書を目の前に
置くことを忘れてはいけません。

履歴書に書かれている内容は、必ず質問されるため、
置き忘れのないように注意してください。

資料をそのまま読まないこともポイントです。

そして、最後に必ず、インタビューの時間を
作ってくれたことのお礼を言いましょう。

外資系企業への転職活動の中の、電話インタビューの裏技として、
こんな方法があることを覚えておいてはいかがでしょうか。

2 外資系企業への転職活動:面接

関連エントリー

英文履歴書を作成する 面接前の下調べ 面接時の企業サイドへの質問 好印象を与える面接ポイント 面接時の振る舞い 面接時に誤解されないように 好印象を与える面接時の質問 マイナスの印象を与える面接時の質問 面接の服装 電話インタビューのスケジュール調整 電話インタビューでの資料活用 外資系に向いている人 外資系企業に向かない人